墨田区を拠点に活動するホームページ制作
コンサルティング会社です

顧客シナリオの策定

更新日:2019年5月25日

最適なタイミング・最適なコンテンツで顧客の背中を押します

顧客の大局的な行動推移と施策

購買行動モデルはいくつかありますが、代表的なものが下記の2つです。

  • AIDMA(Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動))
  • AISAS(Attention(注意)→Interest(関心)→Search(検索)→Action(行動)→Share(共有))

弊社では、これらを3つのステージに分けて考えます。

  • 認知ステージ
  • 検討ステージ
  • 意思決定ステージ

それぞれのステージに、それぞれ相応しいコンテンツが考えられます。
例えば、商品やサービスを初めて知った、「認知」のステージにあるユーザーに対して、ただ必死に売り込んでも、ユーザーには響きません。
逆に「意思決定」ステージにあるユーザーに対しては、他社に負けない差別化された内容で、購入の後押しをしなければなりません。

我々は、ホームページにおいて、顧客のステージに応じた最適なタイミングで、最適なコンテンツをご提案いたします。

ユーザー心理に変化を起こす行動推移シナリオと施策

クライアントさまが望むユーザーの行動・気持ちの変化のシナリオに対し、Webマーケティング戦略を基にした施策を「顧客視点」で落とし込みます。戦略を「見える化」することで、クライアントさまと認識の統一を図ります。
施策を各ステップに落とし込むことで、施策の見える化を致します。

成果物

  • 顧客行動シナリオ分析

企画立案