東京のホームページ制作・運用・コンサルティング会社

Blog

新卒デザイナーの入社から半年記録

こんにちは!オオヤマです。

ちょっと過ぎてしまいましたが、4月から働いて早いもので半年ほど経ちました。
今回は、これまでの業務を振り返りたいと思います!

1.緊張しまくりだった3月、4月

私は3月からアルバイトとして会社に通っていたので、あまり4月1日のあのドキドキ感はなかった(と思う)のですが、ちょっと前に「入社したての時、ガッチガチに緊張してたよ」と言われました。

え!?と思ったのですが、実際に振り返ってみると、どこの取引先に行ってもガッチガチに緊張する上に、見学目的で連れて行っていただいてたのにもかかわらず、何をしゃべってるのかよくわからない!というか出されたお茶飲んでいいの?という感じでした。
(ちなみにお茶に関してはいまだに飲んでいいのか否かよくわかってません。有識者の方いたら教えてください!)

2.LPのディレクションに携わった

夏頃に、LP(ランディングページ)の、ホームページのディレクションに携わらせて頂きました。(詳しくはこちら)

その際に、自分が作成したサイトの構成案を、先方にプレゼンする機会がありました。
対面でしたが、緊張のしすぎで膝裏が震えていたのを覚えています。

他の企業がどうかはわかりませんが、うちの会社では社員がお客さんと直接やりとりするだとか、プレゼンする!といったことが新卒のうちからあります。
とても緊張しますし色々準備などにも時間がかかりますが、私は人前で話すのが苦手なのでとても勉強になります。

また、サイトを作った後に「早速HPから予約が入りました!」と、お客様に喜ばれたのが印象にずっと残っています。

3.色んな業務が回ってくる

最初はホームページ制作会社と聞いていたので、webデザインに携わる仕事だけが回ってくるのかと思っていました。
ですが私が一番最初に受けた仕事は、以前サイトを作った会社の商品ラベルのデザイン、という印刷物のデザインでした。

その時は驚きましたが、それもwebデザインで功績を残したことで繋がったお仕事だと思いました。それにデザインの基礎的な話で言えば、webも印刷も変わらないので勉強になります。
最近だと、チラシのデザインもやらせて頂きました!

4.まとめ

色々振り返ってみると、新卒ですが、ディレクションにメインで携わらせてもらえたり、プレゼンをする機会があったり、web以外の仕事もしたりなど、色んなことに挑戦させてもらえているなと感じることが多かったです。(こういう点は中小企業のいいところだと思います)
デザイン職やweb職が全員そうとは限りませんが、お客様に自分が作ったものを使っていただける、見ていただける機会が多いのは「作った甲斐があった」だとか、「喜んでもらえてよかった!」というやりがいをすごく感じられます。

10月までの半年は、正直業務に着いていくのに必死な部分もありました。
デザインを完成させるのに沢山のリテイクがあったり、想定していた時間よりかかってしまうこともしばしばあります。
どうしても知識や情報の出どころは、経験を積み重ねていくしかありません。
1年目が終わるまで残り半分、とにかく経験を重ねて作業の効率化を目指したり、お客様に色んなデザインを提案できるようになりたいです。

22卒や23卒の方の参考になれば幸いです!

Soichiro
ホームページで成果を
出すためのアイデアを
紹介しています。
Soichiroについて
購読