東京のホームページ制作・運用・コンサルティング会社

Blog

社会人に必要なスキルってなに?

こんにちは!テラシマです! みなさんは「社会人基礎力」についてご存知ですか?私は恥ずかしながら先日この言葉を初めて知りました。今回はこの「社会人基礎力」についてお話ししていきたいと思います。

人生100年時代にやるべきこと

「社会人基礎力」とは、経済産業省が2006年に、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力として定義したものです。 また新たに「人生100年時代の社会人基礎力」が定義されました。人生100年時代の中で、どのような能力を身につけ、社会で活躍していくことが重要なのか、を考える時代になってきました。
経済産業省「人生100年時代の社会人基礎力」のホームページはこちら

必要な能力とは?

では「社会人基礎力」について具体的にどんな能力が必要になるのかをみていきます。

前に進む力

  • 主体性
  • 物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ方
  • 他人に働きかけ巻き込む力
  • 実行力
  • 目的を設定し、確実に行動する力
前に進む力

考え抜く力

  • 課題発見力
  • 現状を分析し、目的や課題を明らかにする力
  • 計画力
  • 課題解決に向けたプロセスを明らかにする力
  • 創造力
  • 新しい価値を生み出す力
考え抜く力

チームで働く力

  • 発信力
  • 自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 傾聴力
  • 相手の意見を丁寧に聴く力
  • 柔軟性
  • 意見の違いや相手の立場を理解する力
  • 情報把握力
  • 自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 規律性
  • 社会のルールや人との約束を守る力
  • ストレスコントロール力
  • ストレスの発生源に対応する力
チームで働く力

また、新しく加えられた3つの視点があります。

  • 目的
  • 自己実現や社会貢献に向けて行動する
  • 組み合わせ
  • 多様な体験・経験や能力を組み合わせる
  • 学び
  • 学び続けることを学ぶ
学ぶ

この「社会人基礎力」は、新卒の採用の基準に取り入れている企業もあります。したがって、企業が新卒に求めている能力が自ずと見えてきます。私が就活をしている時は自分の「コミュニケーション力」「デザインスキル」 など具体的な面をアピールして応募していたのですが、企業には刺さらなかった…。それは、企業が新卒に求める能力とのズレがあったからなのです。



企業は新卒に対して、簿記や資格の具体的なスキルではなく、もっと基礎的な、人間力やスキルを求めているのです。



もちろん新卒だけでなく、社会人になってからもこれらの能力を得るために常に勉強をしていかなければなりません。

学ぶ姿勢は常に持つこと

今回「社会人基礎力」を勉強して、これらの基礎力が全然身につけられていないなと思いました。これを学生のうちに学べたら、今こんなに苦労していないのかなと思います。 しかし、過去を悔やんでも仕方がないので、これから身につけていくべく勉強していこうと思います!!また、就活をしているお子様や友人がいらっしゃる方は、ぜひ「社会人基礎力」を教えてあげてください。今後絶対に役に立ちます!