東京のホームページ制作・運用・コンサルティング会社

Blog

令和と高岡と株式会社Soichiro 愛する高岡の為に

富山新聞 令和

2019年4月1日午前11:30、新元号は「令和」に決まりました。

安倍首相会見で

出典は万葉集、巻5、梅花の歌32首の序文

新しい元号の「令和(れいわ)」の漢字2文字は万葉集の第5巻の中に歌われている梅の花を歌った32首の序文に使われています。 引用されている序文は「初春の令月(れいげつ)にして気淑く(きよ)風和ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披き(ひら)、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」です。この中に、「令」と「和」の2文字が使われています。

富山県の「高岡万葉まつり」でたまたまフロンティアすみだ塾の有志が読み上げたのが巻5、梅花の歌32首

2018年10月に高岡古城公園で開かれた高岡万葉まつりの万葉集、巻5、梅花の歌32首の読み上げの様子
2018年10月に高岡古城公園で開かれた高岡万葉まつりの万葉集、巻5、梅花の歌32首の読み上げの様子

たまたま「高岡次世代経営塾」「富山銀行ビジネスクラブ次世代経営塾THE NEXT」の方々から万葉まつりのお誘いを受け、フロンティアすみだ塾の15期生の金地株式会社の金地さん、株式会社谷口化学工業所の谷口さん、株式会社松田自動車整備工場の松田さん、墨田区産業観光部経営支援課と高岡次世代経営塾、富山銀行ビジネスクラブ次世代経営塾THE NEXTと高岡市役所の方で参加したのですが、まさに「令和」が引用された万葉集、巻5、梅花の歌32首を交代交代で歌いました。

高岡万葉まつりの万葉集、巻5、梅花の歌32首の読み上げ後の記念撮影
左から、株式会社Soichiroの扇塚、株式会社松田自動車整備工場の松田さん、墨田区産業観光部経営支援課の宮里さん、株式会社谷口化学工業所の谷口さん

昨日私が代表して、富山新聞、富山テレビ、北日本新聞から取材を受けさせて頂き、高岡市への思いをお伝えさせて頂きました

高岡の魅力

2018年の10月にフロンティアすみだ塾で、姉妹塾がある富山の高岡市に視察合宿に行ったのがきっかけで、ビジネス面、プライベート面の両面で高岡市への移住と支店設立を検討しております。

今回の元号を高岡万葉まつりで歌い上げたのも縁に感じています。
高岡の方から伺った魅力について私個人としての観点でまとめました。

  1. 東京で家買うより安い
  2. 東京まで北陸新幹線で2時間42分
  3. 数多くの種類の魚が獲れうまい
  4. 富山県の学力が高い
  5. まるで北欧?立山連峰の魅力
  6. 自閉症の子供にとって、製造業の仕事が向いているのでは

東京で家買うより安い

本当にプライベートですが、4歳3歳の男児の子供で家の広さが限界に。そろろそマイホームかと思いながら調べると、まあ高い高い。自分自身も、もう40歳。これから35年ローンは・・・
ってことで、賃貸で身軽な生活スタイルにしようと思っていたところ、高岡市の平均家賃相場が3LDKで7.4万円。魅力です
高岡市の家賃相場情報 HOME’S

東京まで北陸新幹線で2時間42分

東京へも北陸新幹線で一本。取っ掛かりは東京の仕事の場合が多いので、この交通の便は助かる

数多くの種類の魚が獲れうまい

「天然のいけす」と称される富山湾は、海に生きる魚たちにとって格好の住処。
全国屈指の好漁場といわれる富山湾には、日本海に住む800種類のうち500種類を越える魚介類が住むといわれています。

富山の旬の魚がまるわかり!年間魚カレンダーと解説つき

11月に再度高岡へ家族旅行。なかやす酒販株式会社の中山さんに紹介してもらった宿にて

富山県の学力が高い

個人的には、子供には勉強ができたほうが良いと考えで、自分に考えにも合う。

文部科学省の全国学力テストのランキングが発表されましたね。2018年の1位は石川県で、富山県は4位でした。しかも富山県は全科目が5位以内!ご存知の方も多いと思いますが富山県、毎年上位にランクインする常連県なんです。富山県の学力が高いとされる所以ですね。

引用:全国学力調査からみる。なぜ富山県の学力は高いのか~ママ記者レポートvol.13~

変化に富んだ自然と豊かな水

平成26年10月に、富山湾は「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟。

海越しに3,000m級の山々を眺めることができる場所は、日本では雨晴海岸(高岡市)から氷見海岸一帯にかけてしか確認されていません。

引用:富山県庁の公式ホームページ

自閉症の子供にとって、製造業の仕事が向いているのでは

去年、我が子が自閉症であることがわかり、将来どんな仕事が向いているのかと考えることがありました。一般的に言われていることでコミュニケーションが発生する仕事が難しいのではなど考えている中で、製造業のような職人の仕事が向いていると考えました。

高岡市産業の現状・動向と課題

引用:富山県庁の公式ホームページ

「高岡への移住」この機会を与えてくれた墨田区に感謝

上記の理由で高岡への移住を考えておりましたが、今回の元号のきっかけで更に移住の意欲が増しました。このような機会に巡り合ったのも、墨田区の経営塾「フロンティアすみだ塾」、墨田区さんの熱心なサポートあってこそです。

只今、フロンティアすみだ塾の第16期生を募集中です。ご興味のある方、是非!

ブログの更新はFacebookページでお知らせしています。
ぜひ「いいね」をお願いします!