墨田区錦糸町のホームページ制作・コンサルティング会社

Blog

良い顧客体験!「UX/UIデザイン」

こんにちは!テラシマです!
突然ですが、UX/UIデザインという言葉をご存知でしょうか。近年重要視されてきたデザインの傾向ですが、なかなか耳にする機会はないですよね。しかし、実は私たちが快適に暮らしている裏にたくさんのUX/UIデザインが存在しています。そこで今回は、UX/UIデザインについて勉強しようと思います。

「使いにくいな〜」と感じること、ありませんか?

ホームページを閲覧している際に、

「この情報はどのページをみればわかるんだろう…」
「お問い合わせボタンがわからない」
「ここはこうした方が見やすいのにな〜」

と感じたことはありますでしょうか。世の中には数え切れないほどのホームページが存在していますが、「みやすくて、わかりやすいホームページ」にはなかなか巡り会えません。
近年、ホームページでの顧客体験(User Experience)が重要視されています。顧客がホームページを閲覧したときに、いかに「良い体験」をさせてあげるかが、お問い合わせや売り上げにつながる一歩になります。

そんな「良い体験」のデザインを「UXデザイン」「UIデザイン」といいます。

UXデザイン

UXデザイン(ユーザーエクスペリエンス[User Experience])とは、ユーザーが使用するサービスを、快適に・使いやすく・わかりやすい仕様にすることをいいます。例えば、Web上でUXデザインをする場合、


  • 商品を選んでからスムーズに購入することができる
  • 自分が見たい商品がすぐ見つかる
  • 情報がわかりやすく掲載されている

など、ユーザーがWebサイト上でストレスなく行動できる設計をすることをいいます。

デザイナーは「側」だけを整えると思われがちですが、ユーザーの行動を促したり、快適に行動してもらうために考えることもデザインです。UXデザイナーはまさに行動のデザインをしていることになります。

UXデザイン
UXデザイン

UIデザイン

UIデザイン(ユーザーインターフェース[User Interface])とは、ユーザーが使用しやすい画面をデザインすることをいいます。例えば、Web上でUIデザインをする場合、


  • 押しやすいボタンだとわかるボタン
  • 違う情報だとわかるようなレイアウト
  • 視覚障害の方にもわかりやすい色味の設定

など、UXを実現するための手段としてデザインされます。

行動のデザインをされた骨格を、ユーザーが使用しやすいように形にする。それがUIデザイナーです。個人的には、デザイナーはほとんどUIデザイナーだと思っています。デザインはユーザーあってこそ成り立ちますので、ユーザーがわかりやすく、使用しやすいレイアウトにするのは大事だと思います。

UIデザイン
UIデザイン

UXデザインは「行動のデザイン」、UIデザインは「行動のデザインを形にするデザイン」なのです。一緒にされることが多いこれらのデザインですが、全く違う思考のものです。

UX/UIデザインの違い
UX/UIデザインの違い

ユーザーの行動をデザインする

私は専門学校で、プロダクトデザインを学んでいましたが、プロダクトデザインは「行動のデザイン」だと言われていました。

そのプロダクトを使用した際に、

  • どんな状況で使用してほしいか
  • 使用した際、どんな気持ちになってほしいか
  • どうユーザーに使用して、生活に溶け込んでいけるか

これらの考えも、UXデザインを元に考えたデザインだと考えます。ホームページも同じです。いかにユーザーに寄り添うことができるかが重要になると考えます。

周りにあふれているUX/UIデザインを観察する

UX/UIデザインをいざ自分でしようとすると、とても難しいです。どうしても客観的に見ることが難しくなってきます。そこで、ホームページを閲覧した際に、「ここはこうした方がいいな」と自分の意見を持つことによって、自分のUX/UIデザインのストックになるかなと思います。
Soichiroが製作しているホームページは全てUX/UIデザインの要素が入っています。私も早くこの思考を勉強して、仕事で活かしていきたいと思います!