東京のホームページ制作・運用・コンサルティング会社

Blog

デザインで見せるベビーフェイス効果

ベビーフェィス効果

ベビーフェイス効果とは、赤ちゃんのような丸顔・小さな鼻・大きな目・短いアゴといった特徴を持つ人物・物を見ると、可愛らしさや純粋無垢なイメージを抱くという性質のことです。
安心感を持ってもらいたい時などにはベビーフェイス効果を利用し、これらの特徴を持った人物の画像を使うと有効です。
写真、イラスト、動物のぬいぐるみなどさまざまな表現がみられますが、イメージの訴求としては分かりやすい表現のひとつです。

かわいい赤ちゃんの横顔を大きくアップして純粋無垢のイメージを効果的に表現しています。

「最後の晩餐」ならぬ「最初の晩餐」で優れたアイデアとデザインの表現です。

赤ちゃんと子犬を登場させて愛らしさを表現しています。

幼稚園のサイトデザイン。幼児のイラストと赤ちゃんの写真の組合せに意外性あり。

懐かしさを感じさせるベビーラーメンのイラスト。子供の顔が少しシュールですが、一度見たら印象に残ります。

子熊のぬいぐるみ。基本、人間の赤ちゃんのイメージですが幼児向けの広告に転用できそうです。

赤ちゃんの写真を使用したサイト。色使いもパッケージデザインと統一感のある元気なイメージ。

海外の幼児向け衣服メーカーのサイトです。写真の彩度もやや控えめなところが海外らしく(?)落ち着いた感じがします。

デザインに取り入れたい心理学のコラム

ブログの更新はFacebookページでお知らせしています。
ぜひ「いいね」をお願いします!

本ブログ記事に関連して以下のような課題・プロジェクトに対応可能です。

  • ホームページを新規もしくはリニューアルしたい。

お問合せからお気軽にご連絡ください。

この記事に関連するサービス